いちじくに含まれる栄養には、どんな効果効能がある?

いちじくに含まれる栄養には、女性に嬉しい様々な効果、効能があります。
細胞の酸化を抑えるポリフェノールや、シミの原因になるメラニン色素を抑えるザクロエラグ酸も多いため、美肌の効果が期待されます。
また、ペクチンという水溶性食物繊維が大量に含まれているため、腸の動きが活性化し、便秘解消の効果や下痢予防の効能があります。
悪玉コレステロール値を低下させるので、動脈硬化をはじめとする血栓による病気を予防する効能もあります。
栄養素のカリウムも多く、むくみ解消も期待できます。

 

いちじくにはカルシウム、マグネシウム、鉄などの栄養素も多いので、骨の強化、貧血予防や改善に繋がります。
いちじくの種子には、女性ホルモンと似た構造をもつ植物性エストロゲンが大量に含まれているので、PMSや更年期障害、生理痛などの改善の効能も期待できます。
タンパク質の分解酵素であるフィシンも多いので、乱れた胃腸の働きを整え、二日酔い防止にも有効です。
また、いちじくの白い果汁に含まれるベストアルデヒドに関しても、現在研究が進められています。

 

 

いちじくの栄養素とカロリーはどのくらい?

いちじくはには効果的な栄養素が豊富に含まれ、ダイエットにも向いています。
いちじくに含まれている栄養素として、まず水溶性食物繊維であるペクチンが豊富なことが特徴です。
ペクチンは果物や野菜に多く含まれていますが、便を柔らかくして便を出しやすくしてくれます。

 

なかなか便秘が解消できないという人におすすめです。
また、カルシウムや鉄分といった栄養素もふくまれているため、骨を丈夫にしたり貧血予防にも効果が期待できます。
その他にもいちじくにはカリウムも含まれているため、余分な塩分を排出することができ、むくみを解消したり高血圧の人に効果が期待できます。
そして消化を促進する酵素が含まれています。
古来から不老不死の果物として親しまれてきたのも納得です。
そしてこのいちじくは、カロリーが100グラム当たりが54キロカロリーです。

 

中くらいのサイズで32キロカロリーと低カロリーなので安心して食べることができます。
ただ、腹もちがあまり良くないので、食べ過ぎには注意が必要です。
生のままでも美味しく食べることができますが、ドライフルーツで食べても凝縮した美味しさを味わうことができますし、栄養価もアップするのでおすすめです。

 

 

ドライフルーツにすると栄養価はどうなる?

いちじくは不老長寿の果物と呼ばれるほど栄養分が豊富で、ドライフルーツとしても人気があります。
いちじくの主な栄養成分はカリウム、食物繊維、フィシンがあり、それぞれ女性にとって嬉しい効果が期待されています。
カリウムはむくみの原因となるナトリウムを体外に排出してくれる作用があり、コーヒーや糖分、アルコールを日常的に摂取する機会が多い方に不足しやすい栄養分といわれています。
食物繊維も多く含まれており、整腸作用が期待できるため便秘や下痢といった症状の改善にも効果的です。

 

フィシンはタンパク質を分解してくれる酵素で、メイン料理のあとに摂取することで胃もたれ防止の効果が期待できます。
ドライフルーツにしたいちじくは、乾燥させることで、栄養が凝縮され、更に栄養価が増し、効果を得られやすくなります。ドライフルーツは持ち運びも出来、手軽にパワーを補給することができます。
また女性ホルモンによく似た成分のエストロゲンも含まれているので美容にも効果が期待できると言われています。
ドライフルーツは食べやすいため、つい食べ過ぎてしまいがちですが、食べ過ぎは食物繊維の取り過ぎで腹痛を起こす可能性があるので、多くても1日5個までにしておきましょう。

 

 

その他のウェブサイトを紹介!

いちじくの栄養をしっかりと理解して、取り入れるかどうか判断したいところですね。
様々な効果が期待できることは紹介しましたが、イボへの効果が期待できるということも言われています。
イボはできてしまうと気になるものです。イボの悩みなら、ここに掲載するウェブサイトを見てみてください。